【聴講無料】4月1日(金)~15日(金)までオンデマンド配信
《DXオンラインカンファレンス》『デジタル化によって変革する化学産業 2022』

〔主催〕化学工業日報社
〔協賛〕オリックス株式会社、 AVEVA株式会社

日本の化学産業は圧倒的な製品開発力と、顧客に対するきめ細やかなサービスによって国際競争力を維持し続けてきました。しかしコスト面で優位なうえに、技術力を向上させつつある中国や東南アジア諸国の企業にその市場は奪われつつあります。

日本の化学産業が技術力の高さ、シェアの優位性を維持するには、個社だけでなくサプライチェーン全体を巻き込んだ「面」でのDXに展開をしていくことが重要となってきています 。昨年に引き続き今年も開催する当カンファレンスは、大手化学メーカーに加え経済産業省からも登壇をいただくほか、パネルディスカッションを実施し、「企業が今取り組むべきDX」についての 方向性を発信いたします。

講演要旨

【1】『DXのグローバルトレンドと日本の化学産業が進むべき方向性』
   日本の化学業界が直面する事業環境に触れつつ、欧州・北米・アジア地区の海外企業の取組事例やマイクロソフト社自身の変革からの学びを参考に、今後社内変革の実践に向けたヒントをお伝えいたします。

  日本マイクロソフト株式会社 エンタープライズ事業本部 製造営業統括本部
  インダストリーアドバイザー 安並 裕 氏

【2】『化学・素材産業が今取り組むべきDX
            ナレッジストアを活用した新規事業・技術戦略設計』
    オリックス株式会社


【3】『三菱ケミカルホールディングスにおけるDXの取り組み』
   Withコロナ下での対応やカーボンニュートラルへの取り組みなど、企業が大きな変化に直面するなかで、デジタル技術を活用した変革(DX) の取り組みが加速している。三菱ケミカルホールディングスでは、2017年にDXチームを設立、各事業会社のDX組織と協業しながらグループ会社全体の変革を支援している。本セッションでは、その取り組みについて紹介し、現在や未来に向けた課題について議論する。

  株式会社三菱ケミカルホールディングス
  執行役員 Chief Digital Officer 技術・事業開発部門 DX室長

  浦本 直彦 氏

【4】『IT/OT/ETの融合、データ連携とシステム連携、
    コラボレーションを支援するAVEVAのソリューション』
    AVEVA株式会社

【5】『ケミカル×デジタル×共創によるビジネスと社会の変革』
   
旭化成では、デジタル変革を加速するために人材・データ・組織風土に注目し、様々な取り組みを進めている。ビジョン策定、人材育成、データマネジメント基盤、デザイン思考とアジャイル開発、サステナビリティへの取り組み等について紹介する。
  旭化成株式会社 常務執行役員 デジタルトランスフォーメーション(DX)統括
  エグゼクティブフェロー(デジタルイノベーション領域) デジタル共創本部長 久世 和資 氏


【6】『DXの推進と産業競争力の強化に向けた政策展開』
   
新型コロナウイルスという不幸な事案は、デジタル化に関する多くの課題を表出させるとともに、地方・中央、大企業・中小企業の区別無く、あらゆる企業をグローバルな競争に巻き込んでいます。このような変革を乗り切り、企業競争力を強化するという観点から、今回、DXレポートの政策担当官がデジタル化の国内外の事例や動向を交えながら、我が国産業政策の課題に関する論点を整理し、政策展開の概要について紹介します。
  経済産業省 商務情報政策局 アーキテクチャ戦略企画室長 和泉 憲明 氏


【7】パネルディスカッション『デジタル化によって変革する化学産業2022』
 テーマ1「脅威や課題」
 テーマ2「
デジタル技術の活用」
 テーマ3「チェンジマネジメント」
 まとめ「ケミカル×Digital=?」
  【モデレータ】
   日本マイクロソフト株式会社 安並 裕 氏
  【パネリスト】
   株式会社三菱ケミカルホールディングス 浦本 直彦 氏
   旭化成株式会社 久世 和資 氏
   経済産業省 和泉 憲明 氏

 

開催要項

【参加費】 無料

【配信期間】
2022年4月1日(金)から4月15日(金)
    (本セミナーは3月28日に配信したものをオンデマンド配信いたします。)

【受講要件】
 既存の「インターネットブラウザ」の利用が可能であること

お申し込みはこちらから

【禁止事項】
・受講時における録画・録音・キャプチャー取得などによるデータ保管を禁止します。SNSや他ウェブサイトへの掲載も禁止します。違反行為を発見した場合、主催者は削除を要求します。
・オンラインセミナーの視聴用URLを第三者へ転送し受講させることは禁止します。
・オンラインセミナー受講時に知りえた個人情報などは、当該オンラインセミナー内のみに限り、他への口外を禁止します。

以上の違反行為を発見した場合、今後の弊社セミナー、オンラインセミナーの受講をお断りさせていただきます。

【お申し込み先】
化学工業日報社 営業部
〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
TEL:03-3663-7936 FAX:03-3663-7861
event@chemicaldaily.co.jp

 

イベントの最新記事もっと見る