社説

【社説】住宅の高断熱化 コロナ下の冬こそ

 昨年暮れから新型コロナの感染拡大が加速し、11都府県に再度、緊急事態宣言が発出されるにいたった。空気が乾燥する冬に感染が広がると懸念されていたが、抜本的な対策..

続きをよむ

社説の最新記事

  • 【社説】東南ア「長いコロナ後」への対応探る
    1/27
     東南アジア諸国でコロナ禍の収束が見えてこない。マレーシアとインドネシアでは今月に入り、新規感染者数が連日最多を更新し、タイは第2波に見舞われた。いま域内化学産..
  • 【社説】ニューノーマル切り拓き持続的成長
    1/26
     新型コロナウイルスの感染拡大が社会・経済に大変革をもたらしつつある。企業も働き方の根本的見直しが迫られている。ウィズコロナ/アフターコロナ時代には従来の常識が..
  • 【社説】中国と多国間主義の枠組み再構築を
    1/25
     不毛な経済対立を繰り広げてきた米中だが、2021年は政治的に大きな転換期を迎えている。米国では先週20日にバイデン新政権が発足し、中国は今年から第14次5カ年..
  • 【社説】コロナ上陸1年、制御へ全力傾けよ
    1/22
     日本で最初に新型コロナウイルスの感染者が確認されてから1年経った。感染は広がる一方で、大型客船ダイヤモンド・プリンセス号の騒ぎが忘れ去られるほど。米ジョンズ・..
  • 【社説】温暖化対策コスト 国民広く論議を
    1/21
     政府は、2020年12月末に「グリーン成長戦略」を策定し50年までにカーボンニュートラルを実現するための工程表を明らかにした。気候変動への対応を成長の機会とと..
  • 【社説】製品開発の成功は「運」のみにあらず
    1/20
     研究開発、事業のシーズは、どうニーズと結びつき、花を咲かせるのか。世の中が変わり、テクノロジーが進歩するたびに新しい産業、市場が生まれ、供給される素材の機能、..
  • 【社説】清新の気吹き込め 関西の新興企業
    1/19
     年が明けて1月も後半、新型コロナウイルスが収束する気配はない。生き方や働き方など、さまざまな事柄に対する価値観が変わりつつあり、新たなビジネスを創出する好機で..
  • 【社説】EV化推進 生活者への配慮忘れず
    1/18
     ガソリン車・ディーゼル車の新車販売を規制する動きが強まっている。世界最大の自動車市場となった中国をはじめ、欧州や北米で2030年以降の販売禁止を表明する国・地..
  • 【社説】エンジ、人材確保など なお重要課題
    1/15
     エンジニアリング協会が先ごろ、2020年度「エンジニアリング産業の実態と動向」(エンジ白書)をまとめた。19年度の合計受注高は、原油相場下落などでマイナス成長..
  • 【社説】再生PET樹脂に力を注ぐ総合商社
    1/14
     総合商社が国内で再生PET樹脂事業に力を注いでいる。各社ともPETボトルリサイクルのノウハウを持つ専業企業と組んで、現在処理能力が限られている西日本地域に大型..
  • 【社説】DXでさらに競争力を強化する年に
    1/13
     社会のあらゆる場面においてDX(デジタルトランスフォーメーション)の加速が求められている。企業トップも年頭あいさつでDXやデジタル化に言及するなど、経営の最重..
  • 【社説】心身とも満たすファッション衣料を
    1/12
     新型コロナウイルスの感染拡大で大打撃を受けるファッション衣料業界。昨年には老舗アパレルのレナウンが倒産したほか「洋服の青山」を展開する青山商事が全体の2割に当..
  • 【社説】除菌ビジネスに力を注ぐ化学品商社
    1/8
     一時期収束の兆しが見えていた新型コロナウイルスの感染が再び拡大し、深刻の度合いが一段と増している。政府の緊急事態宣言再発令と併せて、より高度な対策が求められる..
  • 【社説】DXを基軸に据えた次期物流大綱
    1/7
     国土交通省は、昨年末に「次期総合物流施策大綱」の有識者検討会の提言をとりまとめた。今後取り組む施策として(1)物流DX(デジタルトランスフォーメーション)や物..
  • 【社説】セラニーズのエンプラ事業 新段階
    1/6
     セラニーズは三菱ガス化学との間で、ポリアセタール(POM)を中心とするエンジニアリングプラスチックスの製造販売事業を手がける合弁会社の韓国エンジニアリングプラ..
  • 【社説】企業のあり方を変えるESG経営
    1/5
     ESG(環境・社会・ガバナンス)を経営の中核に据えることは、もはや企業の常識となってきた。しかしESG経営を標榜するには、人類が直面する待ったなしの社会課題に..
  • 【社説】環境技術の社会実装 政府の本気度は
    12/28
     日本化学工業協会がこのほど「廃プラスチックのケミカルリサイクルに対する化学産業のあるべき姿」を策定した。発表に当たり森川宏平会長(昭和電工社長)は「ケミカルリ..
  • 【社説】共同研究講座での新素材開発に期待
    12/25
     ダイセルが大学との連携を軸に幅広い領域の研究開発に挑戦している。大阪大学、金沢大学に続き、兵庫県立大学・播磨理学キャンパス(兵庫県赤穂郡)内に共同研究講座「摩..
  • 【社説】システム監視による自動運転に期待
    12/24
     国土交通省が、今年度内に発売予定のホンダ「レジェンド」をレベル3の自動運行装置を備えた車両として型式指定した。レベル3とは、一定の条件下でシステムが周辺の交通..