社説

アスファルト補強材 もっと活用を

 日本の津々浦々に張り巡らされたアスファルト道路。アスファルトは、原油から生み出される重質油として大量かつ安価に調達可能。しかもコンクリート舗装やブロック舗装な..

続きをよむ

社説の最新記事

  • アスファルト補強材 もっと活用を
    9/25NEW
     日本の津々浦々に張り巡らされたアスファルト道路。アスファルトは、原油から生み出される重質油として大量かつ安価に調達可能。しかもコンクリート舗装やブロック舗装な..
  • 化学品経営許可で混乱する中国現法
    9/21NEW
     上海市で発生している危険化学品経営許可証に関わる運用厳格化の件。本紙でも連続して掲載した。中国で事業展開する各社は従来から法定代表人、主要負責人、総経理などを..
  • 米中対立がアジアの物流にブレーキ
    9/20NEW
     米国による相次ぐ関税の発動がアジアのコンテナ貨物の動向に影響を及ぼしている。拡大基調にあったアジア(18カ国・地域)から米国向けのコンテナ荷動き量が今年4月を..
  • 欧米市場に本腰入れる日系化学大手
    9/19NEW
     日系化学大手が欧米市場で現地顧客の開拓に本腰を入れている。各社が自動車、情報電子、ロボット、医療などの産業領域における先端材料分野を成長エンジンに据えており、..
  • プラ熱回収の有効性を世界に示そう
    9/18
     海洋プラスチック問題への関心が国際的に高まっている。今年6月のG7シャルルボワ・サミットで「海洋プラスチック憲章」に署名しなかったことで、日本はこの問題に消極..
  • 太陽光事業は売電の先を見据えて
    9/14
     太陽光発電の分野で「セカンダリー市場」と呼ばれる新たなビジネスが脚光を浴び始めている。すでに稼働している太陽光発電設備の売買を行う取り組みである。その取引規模..
  • 距離縮めたい製薬会社とベンチャー
    9/12
     日本において製薬会社と、創薬や再生医療など手がけるライフサイエンス系ベンチャーとの距離が縮まらないとの話を頻繁に耳にする。ペプチドリームなど複数ベンチャーは製..
  • 物効法改正で加速する企業間連携
    9/11
     改正物流総合効率化法(物効法)の施行により、企業間連携によるドライバー不足解消や二酸化炭素(CO2)削減などの取り組みが進んでいる。国土交通省は先ごろ、関光汽..
  • 撹拌機メーカーの新たな取り組み
    9/10
     総合化学企業、ファインケミカル企業などの製造プロセス機器である撹拌機の技術開発が熱を帯びている。装置メーカーでは、顧客ニーズの高度化・多機能化を背景に新しい技..
  • 内航海運の課題解決へ施策しっかり
    9/7
     国土交通省の2019年度の概算要求が明らかになった。海事局関係では昨年6月にまとまった新産業政策「内航未来創造プラン」に基づき、内航海運活性化の推進、次代を担..
  • RCEPでもリーダーシップ発揮を
    9/6
     先月末、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の第6回閣僚会議がシンガポールで開かれた。米中貿易摩擦や米国の対イラン経済制裁発動など、政治的思惑も背景に世界経..
  • 歴史ある商材で新たな市場切り拓く
    9/5
     化学品商社は近年、付加価値が高く、収益性を確保できる新規商材を取り揃えることに力を入れている。エレクトロニクスや医療・医薬、自動車など将来の成長が期待される市..
  • 大型投資へ舵を切ったコベストロ
    9/4
     欧州の化学企業の業績が引き続き好調だ。2018年1~6月期は多くの企業が増収益を記録した。為替がマイナス要因になったが、販売量と価格の伸びが好業績を支えた。通..
  • 生産現場の革新 根底支える人の力
    9/3
     工場の生産性改善に向けた取り組みは、国内外を問わず活発に行われている。日本能率協会が発表した2018年度「GOOD FACTORY賞」の受賞対象工場の事例は、..
  • 毒性予測手法の法的位置付け明確に
    8/31
     米国の動物愛護団体が先日、日本の大手食品・飲料メーカー9社が動物実験の廃止を決定したと発表した。安全性などに関する法規制の範囲外の実験を止めるということだが、..
  • データ解析人材育成の重要性増す
    8/30
     IT業界だけでなく、あらゆる産業にデジタル化の波が押し寄せている。そのなか各社がAI(人工知能)、機械学習、IoT(モノのインターネット)の活用に取り組み、既..
  • 知財の付加価値化 戦略的に進めよ
    8/29
     「大学による産学連携機能を充実させ、強化するには、どのような方策が必要なのか」-。この課題に対する文部科学省の検討会の議論の結果がまとまった。研究成果の活用に..
  • 中国のごみ分別 上海市が率先垂範
    8/28
     中国政府が、これまで北京、上海など都市部を主に試行・パイロットとして行ってきた、ごみの分別回収事業。ここにきて上海市が本格的に事業を確立しようと動き始めている..
  • エンジ業界の業務デジタル化に期待
    8/27
     大手エンジニアリング各社がデジタル技術を活用した設計・調達・建設(EPC)業務の競争力強化に取り組んでいる。設計業務は、すでに相当デジタル化が進んでいるものの..
  • CO2削減は経済成長と両立できる
    8/24
     地球環境戦略研究機関(IGES)は「日本の2030年のエネルギー起源CO2排出削減目標は容易に達成できるため、NDC(パリ協定において「自国が決定する貢献」)..
  • 1 (current)
  • 2