社説

CAR-T細胞医療の可能性

 日本でもCAR-T細胞医療が近くスタートできそうだ。開発者のノバルティス ファーマが再生医療等製品としての製造販売承認申請を実施したことによる。日本語でCAR..

続きをよむ

社説の最新記事

  • 日本発の環境技術を世界へ広げよ
    4/26NEW
     日本が提案した木材・プラスチック再生複合材(WPRC)の環境仕様に関する国際標準が発行された。WPRCは、環境に配慮した持続可能な資源循環型社会の実現を目指す..
  • 訪日外国人の消費行動喚起 さらに
    4/25NEW
     化粧品出荷が続伸している。経済産業省の生産動態統計(確報)によると、2017年の出荷額は前年比6・8%増の約1兆6292億円となり、2年連続で過去最高を更新し..
  • 食品中小の力引き出す施策を望む
    4/24NEW
     日本の食品産業が潜在力を発揮し、競争力を高めるための提言「食品産業戦略」を農林水産省がまとめた。「価値創造による付加価値額の向上」「海外市場の開拓」「労働生産..
  • 人の感性なくして産業安全は守れず
    4/23NEW
     「結局、最後は人」―。産業安全について取材すると多くの人がこう語る。製造現場へのAI(人工知能)などの導入により異常を高精度に予知することも可能になり始めてい..
  • 廃プラの品質高度化 粛々と努めよ
    4/20NEW
     中国の廃プラスチック輸入規制が世界的な影響を及ぼしている。中国は2017年7月に世界貿易機関(WTO)に対して「同年12月末までに廃プラスチックなどの固形廃棄..
  • 石化プラントの定修時期分散に期待
    4/19
     石油化学工業協会が設置した第3次「石油化学産業における環境整備等検討会」(石環検)がこのほど、定期修理時期の分散化などの課題を示した答申を取りまとめた。定修工..
  • EV化による社会の大変革に備えよ
    4/18
     自動車のEV(電気自動車)化の行方が再び注目を集めている。LiB(リチウムイオン電池)の一段の性能向上により、今後数年の間にEVの競争力が大きく向上するとの見..
  • 環境変化に対応策提示するCPhI
    4/17
     「CPhI Japan 2018(国際医薬品原料・中間体展)」(化学工業日報社、UBMジャパンなどが主催)が、あす18日から3日間、東京ビッグサイト(東京都江..
  • 精神障害者の在宅支援充実を望む
    4/16
     兵庫県三田市で、精神障害があるとみられる長男への監禁容疑で73歳の父親が逮捕される事件があった。監禁は20年以上に及び、長男は不衛生な環境が原因で片目を失明し..
  • 異業種コラボでIoT需要取り込め
    4/13
     あらゆるものがインターネットにつながる「IoT」。この言葉が新聞・テレビなどに溢れかえっている。なぜか。現状は期待値が先行している嫌いがあるものの、IoTには..
  • ファイン系企業 攻めの投資が鮮明
    4/12
     ファインケミカル系企業による「攻めの投資」の姿勢が鮮明となってきた。国内景気は穏やかに回復しているものの、海外経済の不確実性や原燃料価格の変動など、いぜん先行..
  • 注目を集め始めたフィリピン市場
    4/11
     日本企業の東南アジア展開といえばタイやベトナム、インドネシアなどが挙げられるが、最近はフィリピンへの関心も高まってきたようだ。  外務省の調べによると、201..
  • 意義深い石連の災害時情報共有活動
    4/10
     石油元売り各社の団体である石油連盟が都道府県と進めていた各地の重要施設に関する情報共有の取り組みが、このほど全都道府県と協定のための覚書を締結する段階にいたっ..
  • 中国で始まる社会信用ポイント制度
    4/9
     「国民総背番号制」―。パスポート、免許証、保険証など複数にまたがっていた個人を特定する証明を統一しようとマイナンバーの導入が進んでいる。お隣の中国でも来月1日..
  • プラント・エンジ市場 さらなる期待
    4/6
     海外プラント・エンジニアリング市場が回復基調にある。原油相場の下落、新興国経済の失速などで苦戦が続いたが、2017年度はプラス成長に転換した模様。18年度は、..
  • 活況を呈するインドの自動車産業
    4/5
     インドの自動車産業が活況を呈している。1人当たりGDPは2000ドルに満たないが、中間所得層は今後年で2倍の6億人に増えるとの予測もあり、完成車各社が増産に..
  • なお少ない素材ベンチャーへの投資
    4/4
     日本のベンチャー投資が拡大している。AI(人工知能)など先端技術を活用し、あらゆる産業で新たなビジネスモデルが創出されようとするなか、自前の研究開発だけでなく..
  • イノベーション創出へ多彩な活動
    4/3
     ドイツの化学企業がイノベーションの創出に向けて多彩な活動を続けている。とくに目を引くのは、社内からアイデアを募って新たな事業の可能性を追求する取り組みだ。  ..
  • アジアで石油精製・石化統合が加速
    4/2
     アジアで石油精製と石油化学事業を一体運営する流れが加速している。製油所で得られるナフサや芳香族を石化製品の原料に活用し、垂直統合による競争力を最大化する狙いが..
  • 新4K8K衛星放送の経済効果期待
    3/30
     2020年の東京五輪・パラリンピック開催を控え、今年月1日から「新4K8K衛星放送」がスタートする。超高画質で視聴できる同放送に対し、視聴者側も4K対応テレ..
  • 1 (current)
  • 2