環境・規制・行政

環境省 「炭素の価格付け」負担増どこまで

 環境省はカーボンプライシング(炭素の価格付け)の導入に向けた議論を本格化した。18日の有識者会議で炭素税を取り上げ、求められる課税水準や急激なエネルギーコスト..

続きをよむ

環境・規制・行政の最新記事

  • 環境省 「炭素の価格付け」負担増どこまで
    2/20NEW
     環境省はカーボンプライシング(炭素の価格付け)の導入に向けた議論を本格化した。18日の有識者会議で炭素税を取り上げ、求められる課税水準や急激なエネルギーコスト..
  • 3M 製品ライフサイクル全体で持続可能性に...
    2/12
     【シンガポール=中村幸岳】3Mは今年、開発から生産、流通、販売、使用に至るライフサイクル全体で製品が持続可能性にどのような影響を及ぼすのかを明らかにする活動を..
  • 環境省 海プラごみ問題解決へ分野横断研究会
    2/6
     環境省は、海洋プラスチックごみ対策の強化に向けて学際的な研究会を立ち上げる。海洋学や生物学のほかプラスチックの専門家なども加え、海洋でのプラスチックの動態や生..
  • エフピコ 再生PET原料増強
    2/5
     エフピコは、プラスチック食品容器用の再生ポリエチレンテレフタレート(PET)原料の供給能力を1割超増やす。2017年に新設した関東エコペット工場(茨城県八千代..
  • 環境金融 ISO化が活発に
    1/30
     ESG投資が拡大するなか、国際標準化機構(ISO)で環境金融を国際標準化する動きが活発になっている。第1弾となる「環境影響の貨幣評価」に関する規格が3月の発行..
  • 近畿経産局 3D造形コンソーシアム設立
    1/28
     部品製造の世界を革新する3D(三次元)プリンターの日本への本格普及を目指し近畿経済産業局は今春、産官学連携の大型コンソーシアムを設立する。山形大学など近畿地方..
  • エクソンやコベストロ 持続可能性追求たゆま...
    1/25
     欧米企業が持続可能性を軸にした事業体制を構築するための取り組みを積極化している。エクソンモービルはバイオ燃料の商業化を目指して独自技術を持つクラリアントと提携..
  • 海プラ問題 連環境総会での検討候補まとまる
    1/23
     海洋プラスチックごみ問題解決への機運が世界的に高まっている。今年3月にケニアで開かれる国連環境総会(UNEA)でも主要な議題の1つとなる。この場で検討するべき..