エネルギー・素材

三菱ケミカル バイオエンプラ増強

 三菱ケミカルは、バイオエンジニアリングプラスチック「デュラビオ」の生産能力を増強した。福岡事業所(福岡県北九州市)にある年5000トン設備をこのほど増強、80..

続きをよむ

エネルギー・素材の最新記事

  • 三菱ケミカル バイオエンプラ増強
    7/12
     三菱ケミカルは、バイオエンジニアリングプラスチック「デュラビオ」の生産能力を増強した。福岡事業所(福岡県北九州市)にある年5000トン設備をこのほど増強、80..
  • 三菱エンプラ PBT 先進運転システム関連...
    7/12
     三菱エンジニアリングプラスチックス(MEP)はポリブチレンテレフタレート(PBT)樹脂事業で、次世代自動車向けの提案を強化する。先進運転システム(ADAS)の..
  • BASF インドで有機廃棄物リサイクル
    7/12
     【シンガポール=中村幸岳】BASFはインドの西ベンガル州で、同社が手がける生分解性樹脂製の袋を活用した有機廃棄物のリサイクルシステム構築や、廃棄物の堆肥化に向..
  • 昭和電工 新規誘導品 来年投入へ
    7/11
     昭和電工は事業化の準備を進めている基礎原料エチレンを使った新たな誘導品について、2020年から本格販売を始める。大分コンビナート(大分市)で量産設備を建設中で..
  • JX金属 レアメタルを中核事業に
    7/11
     JX金属は、レアメタルの一貫事業化に向けた取り組みを開始した。先端材料に不可欠な素材として資源開発や製錬といった川上領域を含む体制構築を目指す。新たに技術戦略..
  • 三菱ケミカル 機能性樹脂 中国で現地化
    7/11
     【蘇州(江蘇省)=但田洋平】三菱ケミカルは中国の機能性樹脂事業において生産・開発の現地化を進める。熱可塑性エラストマー(TPE)や塩ビ(PVC)コンパウンドは..
  • 上野製薬 超低融点180℃のLCP
    7/10
     上野製薬は液晶ポリマー(LCP)市場の裾野を広げようと、添加剤としてのLCP提案を本格化する。従来から融点を40度C下げることに成功し、同180度Cとなる超低..
  • カシュー 中国で塗料生産拡大
    7/10
     カシュー(さいたま市、戸次強社長)の塗料事業が順調な海外展開を遂げている。メインターゲットである中国市場では、新規に建設した天津工場が稼働。当初から自動車内装..
  • 積水化学 ガラス用中間膜 米に研究センター
    7/9
     積水化学工業は自動車などに使う合わせガラス用中間膜の研究センターを米国に開設する。ガラスの飛散防止などだけでなく、遮音や遮熱、情報表示など特殊な機能を付加し世..
  • 日本A&L 車内装部材樹脂 きしみ対応グレ...
    7/9
     日本エイアンドエルは、自動車内装部材向けにきしみ対応グレード樹脂の開発を加速させる。すでにABS(アクリロニトリルブタジエンスチレン)とPC(ポリカーボネート..
  • 三井化学産資 透明無黄変ポリウレア ライニ...
    7/9
     三井化学産資は、透明かつ無黄変を特徴とするポリウレア樹脂ライニングシステム「スワエールAJ-800吹付システム」を開発した。コンクリート構造物などに防水・防食..
  • ブラジル衛材大手フィテサ タイにPP不織布...
    7/9
     【バンコク=岩﨑淳一】ブラジルの衛生材料大手フィテサは、タイでポリプロピレン(PP)スパンボンド不織布を増強する。生産棟を新設し、3系列目となる設備を導入する..
  • 宇部興産 初の米国化学品工場新設 23年め...
    7/8
     宇部興産は2023年頃の稼働開始を目指し、米国で同社初となる化学品の自社工場を新設する。同国で豊富に取れる天然ガスを活用し、基礎化学品「炭酸ジメチル(DMC)..
  • 三井化学 超高分子量PE2種開発
    7/8
     三井化学は、超高分子量ポリエチレン(PE)で新たに2品種を開発した。既存の超高分子量PEパウダーの粒径を10分の1以下まで微粒子化した「ミペロンPM―200」..
  • 旭化成 変性PPE 19年度出荷量10%増...
    7/8
     旭化成は2019年度、変性ポリフェニレンエーテル(PPE)樹脂事業で前年比10%増の出荷を計画する。主力領域のひとつの太陽電池(PV)部品向けでは、圧倒的なP..
  • 産総研 フェムトリアクター量産へ
    7/5
     産業技術総合研究所は、次世代スマート化学プロセスと期待されるフェムトリアクター化学プロセスの実用化にめどをつけた。引き続き用途開発を進めるとともに、量産化に向..
  • 旭化成 クリーンエネルギー導入拡大
    7/5
     旭化成は自社工場でクリーンエネルギーの導入を拡大する。滋賀県守山市と川崎市の生産拠点で2021年までに都市ガスから電気や蒸気をつくるコージェネレーション(熱電..
  • JXTGエネルギー LCP 電子・電気向け...
    7/5
     JXTGエネルギーは液晶ポリマー(LCP)で、電子・電気向け新グレードの提案を本格化する。コネクター向けに、流動性に優れた「AXグレード」を開発した。コネクタ..
  • ドライアイス・液化炭酸ガス 安定供給へ次の...
    7/4
     需要期である夏場から秋頃にかけて、食品の保冷に使うドライアイス、その原料で溶接や炭酸飲料などにも使われる液化炭酸ガスが品薄になる状態が定着して久しい。高純度の..
  • AGC 環境対応新冷媒の商業プラント ター...
    7/4
     AGCは冷媒事業を拡大する。ターボ冷凍機向けなどとして展開している環境対応型新冷媒の商業プラントを建設し、本格販売を来年第3四半期に開始する。現在国内拠点で増..