経営

渡辺ケミカル 中国で30%成長堅持

 【上海=但田洋平】渡辺ケミカルの中国事業が好調だ。近年は旺盛な内需や、中国政府が国策として推し進める先端分野を重点ターゲットに据え、売上高は年率30%近い成長..

続きをよむ

経営の最新記事

  • 渡辺ケミカル 中国で30%成長堅持
    2/20NEW
     【上海=但田洋平】渡辺ケミカルの中国事業が好調だ。近年は旺盛な内需や、中国政府が国策として推し進める先端分野を重点ターゲットに据え、売上高は年率30%近い成長..
  • 三井化学東セロ 食品包装フィルム ナフサ連...
    2/19
     三井化学東セロは食品包装フィルムの値決め方式について、従来の都度交渉からナフサ指標の値決め方式「ナフサスライド制」へ切り替えを目指す。足元、国産ナフサ価格が短..
  • 日清紡HD ブレーキ摩擦材にテコ入れ
    2/19
     日清紡ホールディングスは、欧州を中心にブレーキ摩擦材事業を手掛けるTMDフリクショングループのテコ入れを急ぐ。昨年ドイツの倉庫集約に伴うシステムトラブルなどの..
  • セイコーエプソン ソリューション提案強化
    2/19
     セイコーエプソンは、製品の単品売りからソリューション提供への転換を推進する。インクジェット(IJ)複合機では周辺機器や消耗品をセットで提案するだけでなく、ソフ..
  • 昭和電工 中計設備投資 初年度に5割
    2/18
     昭和電工が積極策に打って出る。2019~21年の中期経営計画に盛り込んだ設備投資枠2500億円うち約5割を初年度に計画。その一方、低収益事業の構造改革も一段と..
  • 三菱電機 中長期視点でR&D強化
    2/18
     三菱電機は、中長期視点からの研究開発に力を入れる。世界186の研究機関と連携するなか「その多くが中長期の研究テーマ」(藤田正弘常務執行役開発本部長)という。2..
  • 【クローズアップ】働き方改革 関西系企業の...
    2/18
     労働人口の減少やグローバル規模での競争激化にともない「働き方改革」への関心が高まるなか、従来の仕事の進め方をあらためて、業務効率化や生産性向上を図ろうとする企..
  • KHネオケム 新中計 高収益体質へ第一歩
    2/15
     KHネオケムが成長戦略の具体化へ始動する。13日に公表した2019~21年の中期経営計画で、高成長が続く主力製品の増産、将来を見据えた大型投資の検討や新事業創..
  • 化学大手10社業績 潮目が変化
    2/12
     化学大手10社の2018年4~12月期連結決算が出揃い、営業利益は信越化学工業と旭化成の2社が増益となったが、残り8社は減益だった。背景として原料高、中国経済..
  • 大陽日酸 企業価値向上へ成長投資 中計目標...
    2/12
     大陽日酸は8日、2021年3月期を最終年度とする中期経営計画の数値目標変更に関する説明会を開いた。大型買収で橋頭堡を築いた欧州事業を新たにセグメントに加え、本..
  • クラボウ 車関連の生産供給を最適化 中国2...
    2/8
     クラボウは、自動車関連事業の生産供給体制を最適化した。中国では広州市(広東省)にある2つのグループ会社の役割分担を明確化。広州倉敷化工製品有限公司は自動車シー..
  • 千代田化工 全社業務デジタル化 効率改善2...
    2/8
     千代田化工建設は、全社デジタル化による業務効率の向上を目指す取り組みを本格始動した。2020年時点のデジタル化の到達点を示した「ターゲット20」を策定し、設計..
  • 丸文 ナノカーボン事業強化 米ナノラミック...
    2/7
     丸文はナノカーボンビジネスを強化する。先ごろ実施した米ナノラミックラボラトリーズ社への出資を機に、今年から同社が保有するナノカーボン技術のライセンス供与と、同..
  • 新生デュポン ”攻守”明確に
    2/7
     ダウ・デュポンの会社分割により今年6月に発足する「新生」デュポン。事業戦略では「イノベーション」を前面に押し出す一方、スタート当初は大きな冒険をせずに資本効率..
  • プライムポリマー 新中計で成長戦略加速
    2/6
     プライムポリマーは、2020年度からスタートさせる新中期経営計画の策定に入る。1月1日に就任した藤本健介社長のもと、まず前提とする2030年のあるべき姿を描き..
  • 小林製薬 中計数値目標前倒しで達成
    2/6
     小林製薬は2019年12月期に売上高1730億円、営業利益273億円を目標に掲げた。19年を最終年度とする中期経営計画の目標値は一年前倒しで達成した。ただイン..
  • 三菱ケミカル物流 脱「石化依存」進展
    2/5
     【上海=栢野一輝、但田洋平】三菱ケミカル物流(MCLC)の中国事業における構造改善が進んでいる。過去数年は「石油化学依存」からの脱却を図り、2018年は黒字を..
  • 関東化学 東南アジア市場を深耕 タイに駐在...
    2/4
     関東化学は東南アジア市場を深耕する。同社7番目の海外拠点として、このほどタイ・バンコクに駐在員事務所を開設した。タイは日系メーカーの進出が相次ぎ、自動車産業な..
  • 中国の化学工業 19年売上総額6%増へ
    2/4
     【上海=但田洋平】中国石油・化学工業連合会(CPCIF)は、2019年の中国の化学工業の売上総額が前年比6%増のおよそ7・7兆元(約123兆円)規模になるとの..
  • 日本化薬 技術・知財をデジタル化
    2/1
     日本化薬は研究開発と生産分野でデジタル化を推進する。全社的な基盤技術の開発を主導する「研究開発本部」が中心となり、国内外の研究所と工場に蓄積している技術データ..
  • 1 (current)
  • 2