市況

ベンゼン、300ドル割れ 原油急落、米国市況も低迷

 ベンゼンのアジア市況が一段安となった。原油・ナフサが反落したなか、今週初めに1トン当たり300ドルを割り込んだ。3月上旬に協調減産の拡大協議が決裂し、原油価格..

続きをよむ

市況の最新記事

  • ニードルコークス急落 電極在庫調整の長期化...
    3/31
     黒鉛電極の原料に用いるニードルコークスの国際市況が急落した。足元1トン当たり2000~3000ドルとみられ、2019年上期の半値近くに下がった。川下の各流通段..
  • 原油価格競争 激化一途
    3/27
     原油は当面激しい価格競争が続きそう。新型コロナウイルスの感染拡大が収束の兆しをみせないなかで協調減産体制が崩壊。サウジアラビア、ロシアなどの増産発表が追い打ち..
  • パラキシレン 新型コロナ影響緩む 中国で誘...
    3/26
     新型コロナウイルスの感染拡大によるパラキシレン(PX)チェーンへの影響は薄れつつあるようだ。中国では、物流規制などによって高純度テレフタル酸(PTA)など誘導..
  • カ性ソーダ 反転上昇
    3/19
     カ性ソーダのアジア市況が反転上昇した。足元1トン当たり270~280ドルで、1カ月で30ドルほど上昇した。堅調な東南アジア需要に対し、国内外の電解プラントは上..
  • アジアPE、弱含み 新型コロナで物流混乱
    3/17
     アジアのポリエチレン(PE)市況が弱含んでいる。足元、高密度PE(HD)は1トン当たり800~830ドル、低密度PE(LD)は850ドル前後、直鎖状低密度PE..
  • BTX 19年需要6%減
    3/13
     BTX(ベンゼン、トルエン、キシレン)の2019年の需要は、内需と輸出の合計で前年比6%減の1223万3000トンにとどまり、2年連続で減少した。誘導品を含む..
  • バリウム塩類に先高観 新型コロナで供給停滞
    3/13
     バリウム塩類の国際市況に先高観測が出ている。主産地中国では、新型コロナウイルス流行の中心地である湖北省の一部主要サプライヤーが操業を停止している。貴州省など他..
  • 塩ビ、インド向け続騰 3月積み10〜20高
    3/12
     塩化ビニル樹脂(PVC)のインド向け輸出価格が続騰している。北米品のタイト基調が続くなか、3月積み契約価格は1トン当たり前月比10~20ドル高の910~970..
  • ナフサ急落 300ドル台
    3/10
     アジアのナフサ市況が急落した。週明け時点で1トン当たり300ドル台前半となっており、先週末から100ドル超下がった。相関関係を持つブレント原油先物価格の急落に..
  • ポリオレフィン 一部新値も、大手向け交渉長...
    3/6
     ポリオレフィンは2月から1キログラム当たり8~10円程度の値上げで交渉が進んでいるもよう。2019年第3四半期(7~9月)を基準とした国産ナフサ価格の上昇見込..
  • 中国 パラキシレン輸入 19年マイナス
    3/5
     中国のパラキシレン(PX)の輸入が転換期を迎えている。2019年は中国・恒力石化の大規模プラントが立ち上がったのを引き金に減少し始め、年間で前年比5・8%減の..
  • カ性ソーダ アジア需給タイト化へ 新型コロ...
    3/3
     カ性ソーダのアジア市況が反転上昇の兆しをみせる。安価な水準を嫌気した域内のサプライヤーが足元より1トン当たり30~50ドルほど高い280~300ドル(FOB)..
  • エポキシ樹脂 底値推移
    2/27
     液状エポキシ樹脂のアジア市況は横ばい。1トン当たりおよそ2700ドル(CFR中国)だった2018年末から下がり、2300ドルほどの水準が約2カ月続く。最大消費..
  • 無水フッ酸、国際市況が上昇 新型肺炎の影響...
    2/27
     無水フッ酸の国際市況が上昇している。実需不振のなか主産地の中国で昨秋から減産が継続したため年初から底を這っていたが、新型肺炎の流行で物流が滞り供給が一段と締ま..
  • 中国 塩輸入が2割減
    2/25
     中国の2019年の塩輸入は前年比2割近く減少し、約780万トンとなった。主要な輸入元であるインド、オーストラリア天候要因による生産減に加え、輸入需要が停滞した..
  • 塩ビ輸出 好環境続く
    2/21
     塩化ビニル樹脂(PVC)の輸出環境は良好な状況が継続しそうだ。短期的には、定修などによる需給タイト化で米国の輸出余力が低下している。また、昨年7月にインドの輸..
  • ヘリウム 需給タイト継続
    2/18
     ヘリウムの需給タイトは今年も続きそうだ。日本は全量輸入のため、昨夏の米エクソンモービルの定修でタイトが一段と強まった。定修後も余力のある状況ではなく、タイトバ..
  • カ性ソーダ アジアで下落
    2/14
     アジアでカ性ソーダが下落している。足元1トン当たり250~280ドル(FOB極東)で、1カ月で50ドルほど下がった。米国勢の在庫放出が尾を引き、間接的に中東品..
  • メタノール 反転上昇 マレーシアなど停止影...
    2/13
     メタノールが反転上昇した。足元のアジア市況は、昨年12月から1トン当たり40ドル高の280ドル前後。12月中旬からマレーシアとイランの供給元が稼働停止に陥り、..
  • 1 (current)
  • 2