市況

アノン タイト基調継ぐ

シクロヘキサノン(アノン)のアジア需給は、いぜんタイトを継いでいる。足元は1㌧当たり1550㌦前後の高値圏で推移。域内の需給に影響を与える中国では環境規制による..

続きをよむ

市況の最新記事

  • アノン タイト基調継ぐ
    9/25NEW
    シクロヘキサノン(アノン)のアジア需給は、いぜんタイトを継いでいる。足元は1㌧当たり1550㌦前後の高値圏で推移。域内の需給に影響を与える中国では環境規制による..
  • アクリル酸 高止まり
    9/20NEW
     アクリル酸のアジア市況が高止まっている。足元は1トン当たり1300ドル前後で推移。原料プロピレンの高値が下支えしている。誘導品の需要は高吸水性樹脂(SAP)が..
  • エチレン 11月まで堅調推移
    9/18
     エチレンは11月まで1トン当たり1300ドル台半ば~後半で堅調に推移しそうだ。誘導品の需要が底堅いのに対して、日韓のプラントで定修が相次ぐためタイトバランスが..
  • PAC 猛暑で出荷ピーク長期化
    9/13
     無機系凝集剤のポリ塩化アルミニウム(PAC)の出荷ピークが例年より長期化した。7~8月の猛暑で浄水処理用の需要が増えた。足元の出荷水準は落ち着きつつあるものの..
  • プロピレン高止まり
    9/11
     プロピレンのアジア市況は底堅い。7月中旬からじり高となり、足元は1トン当たり1100ドル台前半で推移している。誘導品のポリプロピレン(PP)の需要にやや不透明..
  • 米中貿易摩擦の影響じわり 人民元安でPC樹...
    9/7
     米中貿易摩擦に端を発する為替変動が、化学品の需給に影響を及ぼし始めている。最も影響が顕著な化学品の一つがポリカーボネート(PC)樹脂。人民元安を背景に、中国の..
  • 塩ビ管 1次店交渉 10%上げ決着
    9/7
     4月の塩化ビニル樹脂の価格改定を受け、塩化ビニル管メーカーが進めてきた1次店向け値上げ交渉がほぼ決着した。国内大手2社の交渉はパイプ価格を従来比10%、継手な..
  • パラキシレン アジアで急騰
    9/4
     パラキシレン(PX)が急騰した。中国のポリエステル生産が高稼働を継ぐなか、需給タイト化によってアジア市況は1トン当たり1300ドル台半ばまで一気に上昇。7月以..
  • 発酵アルコール 輸入先細り タイト懸念
    8/30
     発酵アルコールの国内需給がこの先、引き締まっていく可能性が出てきた。需要は酒類用途など堅調。通常の伸び率が1%のところ、今年度に入って2%伸びているもよう。供..
  • ABS樹脂 原料値差縮小
    8/30
     アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)樹脂は、原料との値差が縮小している。アジア市況は高止まりしているが、米中貿易摩擦が影響してユーザーが在庫を抑制..
  • ベンゼンとナフサの値差拡大
    8/28
     ベンゼンとナフサの価格スプレッドが拡大してきた。ベンゼンは定修に備えて需要が先取りされたこともあって、今春に中国沿岸地区の在庫が過去最高レベルまで積み上がり、..
  • 高純度テレフタル酸 アジア需給安定
    8/24
     高純度テレフタル酸(PTA)の需給が安定している。2012年から14年にかけて中国で大規模な新増設が行われ、大幅な供給過剰となっていたが、需要拡大や能力調整な..