精留塔

二つに割れる「パキッテ」は日本で進化

 みんな見たことがあるのに名前は聞いたことがない-ということがたまにある。真ん中から2つに割れて調味料などをかける小分け包装容器。片手で扱えて手が汚れない。その..

続きをよむ

精留塔の最新記事

  • さらに求められる過剰なまでの危機管理意識
    9/17
     今月上旬に九州・奄美地方を襲った台風10号は過去最強クラスと言われた。気象庁が早い段階から強く警告を発し、進路に当たる地域の人も早めの対策を講じた。数日前に通..
  • ヒガンバナとチョウのやさしき関係
    9/16
     今年の秋の彼岸は週末の19日から25日。21日は敬老の日、22日は秋分の日なので多くの人が4連休となる。9月は4月始まりの年度の上半期が終わる月で、しかも月末..
  • 悪いときも良いときも(精留塔)
    9/15
     気がつけば、今年もあと3カ月半を残すだけとなった。普通の年ならそう書くところだが、今年に限ってはまだ3カ月以上も残っているのか、と言いたくなる。不気味で不穏な..
  • 化学の力で地球と共生
    9/14
     地球が誕生したのは46億年前といわれている。仮に地球の年齢を46歳とすると、人類は十数時間前に生まれたばかりの赤ちゃんだ。この十数時間の間に77億人へ急速に増..
  • いざという時の公衆電話(精留塔)
    9/11
     ホテルなどで行われる記者会見。記者はどんな記事に仕立てようかと思いを巡らせる一方、どうやって原稿を送るのかが悩み事だった。パソコン通信の端末が接続できるグレー..
  • お祝い事と子供の幸福(精留塔)
    9/10
     子供は成人するまでに数々のお祝い事がある。お七夜から始まり、お宮参り、生後100日のお食い初め、初正月や初節句など初物づくしだ。そして七五三ときて次は成人式だ..
  • グラフェンの可能性
    9/9
     「スコッチテープ」とか「セロテープ」という商標で世に出回っているセロハンテープ。その便利さが当たり前になっているから、有難味をあまり感じない人が多いだろう。し..
  • 充実感と限界と
    9/8
     美しいと思うもの。それは精一杯生きる者の姿。なにも人間に限らない。この世に得た自らの生命を輝かせる者たちは美しい。充実した気持ちになるとき。それは、持てる力の..
  • バンコク伊勢丹の閉店に想う(精留塔)
    9/7
     伊勢丹といえば日本を代表する百貨店の一つとして日本人なら知らない人はいないだろう。海外もシンガポール、クアラルンプール、上海、天津、成都に進出しており、アジア..
  • ポテンシャル大きい海洋鉱物
    9/4
     日本の国土面積は38万平方キロメートルと決して大きくないが、周りを海に囲まれているだけに排他的経済水域は447万平方キロメートルと陸の面積の約12倍。世界でも..
  • 東京の始まりと今
    9/3
     江戸から東京に改名されたのは慶応4年7月17日、西暦では1868年のきょう9月3日のこと。この年に元号が明治に改められた。当初は大阪への遷都が提案されたが、京..
  • でんじろう先生の語った「虹」の描写(精留塔...
    9/2
     雲の白さや夕焼けの美しさに見ほれることの多い近頃だが、先日見た虹も見事だった。そして思い出した。弊紙の「うちラボ特集」(7月27日付)で「でんじろう先生」こと..
  • かけがえのないもの
    9/1
     かけがえのない、という表現は漢字で書くと、掛け替えのない、となる。語源はよく分かっていないが、取り替えることのできない唯一のというニュアンスであり、極めて貴重..
  • 錯覚せず本質を報道する重要性
    8/31
     人間の脳は都合よくできている。新型コロナウイルスの感染が広がり半年以上。マスクの着用は当たり前になっているが、マスクを着けている女性が美人に見えたり、男性もハ..
  • 変わる不文律、新たな不文律(精留塔)
    8/28
     最近、メジャーリーグで“不文律”を巡る話題があった。レンジャーズ-パドレス戦での出来事。試合は7回を終わって10対3とパドレスが大量リード。8回表、満塁の場面..
  • 映画館に思うニューノーマルの行き着くところ
    8/27
     しばらく自粛していたが、久しぶりに映画館へ足を運んだ。もちろん終始マスク着用だが、三密を避けるため座席は1席ずつ間隔が空けられ、実にゆったりしている。封切り間..
  • 日本の知の巨匠、山崎正和さん逝く
    8/26
     劇作家で評論家の山崎正和さんが亡くなった。現代日本の「知の巨匠」「最大の知識人」などとも言われた。訃報に接した後の週末の時間は、『柔らかい個人主義の誕生』や『..
  • 睡眠と経営
    8/25
     いまも現役の某化学会社の会長。世界の錚々たる化学企業のなかで時価総額上位というポジションを築き上げ、経営の神様と呼ばれて久しい。その会長に、どうしたらそのよう..
  • 布マスクより検査とワクチン
    8/24
     決算発表が出揃った。増収増益を達成し、通期で過去最高業績の更新を見込む化学企業も一部あるが、大半は減収減益で、赤字に陥った企業も少なくない。リーマン・ショック..