精留塔

どっちに転んでも

 出口が見えないどころか、経験したことのないスピードで拡大する日本のコロナ感染。ワクチン接種率の上昇により、早ければ今秋にも生活が正常化に向かうとみられていたが..

続きをよむ

精留塔の最新記事

  • 飯のタネ
    8/2
     小欄のネタをどうしようかと考えあぐねていると、ふとネタとは何だろうと気になった。答えはタネの倒語で、古くは江戸時代から飯のタネとなる商品のことをネタと呼んでい..
  • コロナ時代の報道写真
    7/30
     昨年、小欄で紹介した「世界報道写真展」が東京・恵比寿の東京都写真美術館で開催されている(8月9日まで)。今回は130の国・地域から4315人が参加、7万を超え..
  • 高まる科学技術への信頼度
    7/29
     「科学がパンデミックから世界を救うと期待している」(85%)、「科学のおかげで2021年は20年よりもよい年となる」(87%)。3Mが17カ国を対象に行った科..
  • 産業や日常生活を支える撹拌など液体混合プロ...
    7/28
     食材を切ったり煮たり焼いたりするのが料理である。刺身のように生で食べたり、肉や魚を焼いたり蒸したりあぶったりする。これでも十分においしいが、料理の醍醐味は混ぜ..
  • 100万人のご先祖さま
    7/27
     厳かな雰囲気のなか、遠くで蝉の声がする。「人生は、皆さんが思っている以上に速く過ぎ去るもの、儚いものです。ですから尊いのです」。蝉は絶妙の演出なのだが、年下の..
  • オリンピック開催の意義
    7/26
     何事も良い結果を残すというのは大変なことだ。運に恵まれ労せず良い結果が出る場合もあるが、往々にして如何ともしがたい悪条件が重なったりする。ましてや多くの人々に..
  • どこへ行く?機械遺産
    7/21
     「産業遺産」といわれて真っ先に思い浮かぶのは何だろう。2014年に世界遺産に登録された富岡製糸場などだろうか。産業遺産の定義が定まっているわけではないようだが..
  • 人の体の順応性
    7/20
     新しいランニングシューズを買った。普段履きと兼用ではなく、ただ走るための靴を買うのはいつ以来だろうか。記憶にないほど久しぶりだ。今度の週末あたり、靴紐をキチン..
  • 文明社会の行き着く先
    7/19
     人は誰しも楽をしたいものだ。楽な仕事をし、快適な生活を送りたい。汗を流して歩かずに済むにはどうしたらいいか。行ったことのない外国へ短時間で行ってみたい。人類は..
  • 新規物質群ソフトクリスタルとは
    7/16
     結晶というと硬くて安定的なイメージがあるが、弱い刺激に応答して発光など目に見える変化を起こす物質群がある。それらを「ソフトクリスタル」と命名して体系的に研究し..
  • 中元市場の縮小を考える
    7/15
     きょう7月15日は新暦で半年生存の無事を祝い、祖先の霊を供養する中元。正月15日の上元、10月15日の下元と合わせて「三元」とする中国の習慣が伝わったものだ。..
  • 「盛り土(もりド)」という「湯桶(ゆトウ)...
    7/14
     冷たいそばを食べ終わって、すこし冷えたお腹には蕎麦湯が心地よい。つゆをそれで割ってすすると、食べ終わった感も生まれる。この蕎麦湯を入れている容器は「湯桶」とい..
  • アイデアを生み出すもの
    7/13
     アイデアは、人が何かを整理して考え、理解するときに生み出される。ある事がらを知り理解すると、なるほどそうか、ならばこうしたら良いのでは、となる。では、何かを整..
  • コロナ後の世界
    7/12
     ワクチンを打った、という声を周りから聞くようになってきた。大規模接種や企業による職域接種が進み、小生の自治体でも今週から接種券が一斉配送されることになった。ワ..
  • 進化するナイター照明
    7/9
     最近あまり聞かなくなった言葉だが、プロ野球などのナイター照明は「カクテル光線」と呼ばれている。2種類以上の光源を混合して性能を補完するのが目的で、お酒のカクテ..
  • 若者の定年
    7/8
     職場では確実に上から数えた方が早いベテラン社員。だが、人生100年時代と考えれば、まだ折り返し点を過ぎて間もない。いつまでが若者なのか、その基準をどこに置けば..
  • カップ麺に結集した食品加工と容器包装の技術...
    7/7
     ラーメンの食べ歩きを趣味にする人がけっこういる。近所だけでなく、遠くにも、ときには一泊の旅程で現地に向かう。ご当地ラーメンという言い方がいつごろから始まったか..
  • 酸とアルカリと
    7/6
     小学校の理科で習う酸とアルカリ。アルカリとは何ですか。あれだよアレ。とっさに厳密な定義を言えず恥をかいたりする。赤いリトマス試験紙が青くなる方がアルカリ。赤信..
  • 世界メジャーへの道
    7/5
     「ベーブ・ルースを震撼させる」。連日、大活躍の報道である。二刀流プレイヤーとして前人未踏の挑戦を続ける大谷翔平選手。メジャー4年目にして持ち味を覚醒させている..