精留塔

CAR-T細胞医療の可能性

 日本でもCAR-T細胞医療が近くスタートできそうだ。開発者のノバルティス ファーマが再生医療等製品としての製造販売承認申請を実施したことによる。日本語でCAR..

続きをよむ

精留塔の最新記事

  • CAR-T細胞医療の可能性
    4/26NEW
     日本でもCAR-T細胞医療が近くスタートできそうだ。開発者のノバルティス ファーマが再生医療等製品としての製造販売承認申請を実施したことによる。日本語でCAR..
  • 京都から富良野から環境にやさしい風
    4/25NEW
     京都。この名前に曰く言い難い魅力を感じる日本人は多いだろう。それゆえ京都からメッセージを発することの影響力は他の自治体に比べれば大きい。国内だけでなく世界に向..
  • お節介なアーリー・アダプター
    4/24NEW
     コラムなどによく引用されるイノベーター理論は、商品が普及する様子を時系列に5段階で説明する。最初に新しいものに飛びつくイノベーターが、次に良い物を早く手に入れ..
  • 産業構造や社会システムの転換促す自動車新時...
    4/23NEW
     自動車が百年に一度ともいうべき大変革期を迎えている。自動運転や電池の技術革新によりクルマの構造、機能、作り方、使い方が劇的に変化するのが自動車新時代。その影響..
  • グローバル企業でも違うグローバル人材育成戦...
    4/20NEW
     一口にグローバル企業といってもその運営方式、形態はさまざまだ。化学産業の代表的グローバル企業であるダウ・デュポンとBASFも同様にグローバル事業の運営の仕方は..
  • ほんとうに民主主義国なのか
    4/19
     「国家に雇われているのであって、大臣に雇われているわけではない」。城山三郎の『官僚たちの夏』の主人公・風越信吾がよく吹聴している台詞だ。風越のモデルとなった通..
  • 大相撲春巡業と土俵
    4/18
     大相撲の地方巡業を見に行った。地元の体育館は朝8時に開場、まずは白熱の稽古から。これは迫力十分、固唾を呑んで見る。この後、序二段から取り組みが始まり、途中、相..
  • 困難を乗り越える強靱な意志
    4/17
     スパイアクション映画のようなスリリングな展開のストーリーを味わいたい。そう思ったら、化学企業の歴史を綴った書物(年史)を読めば良い。戦争、事故、不況、オイルシ..
  • 会社法改正要綱の中間試案への意見
    4/16
     法制審議会の部会が2月にまとめた会社法改正要綱の中間試案に関する意見募集が、13日で締め切られた。株主提案権の制限など株主総会の手続き合理化や取締役会改革など..
  • シニアベンチャーへの期待と課題
    4/13
     シニアベンチャー。定年後、自らが開発した研究成果を世に役立てたいと起業する人は少なくない。多くがものづくりベンチャーだ。湘南先端材料研究所の谷本敏夫社長もその..
  • 中国の新薬企業団体が参加したアジア製薬団体...
    4/12
     第7回アジア製薬団体連携会議(APAC)が10日開催されたが、今回から中国の研究開発型製薬企業団体であるPhIRDAが正式メンバーとして参加した。中国は医薬品..
  • スギという日本の重要資源
    4/11
     日本の国土の約7割は森林だと学校でむかし習った。その森林のうち面積比で54%が天然林、41%が人工林だそうだが、その人工林面積の44%、森林面積全体比では18..
  • 自動運転が教えてくれる運転の楽しみ
    4/10
     遅れ馳せながら、半自動運転ともいえる機能を備えたクルマに乗った。複数のミリ波レーダーとステレオカメラで周囲の状況を捉え、認識する先端技術だ。とはいえ、想定外の..
  • "規制のサンドボックス"制度
    4/9
     IoT、ビッグデータ、人工知能、ロボットに代表される第4次産業革命。新聞やテレビ、ネットでこれらの情報を目にしない日はない。世界中の企業が関連分野での新技術、..
  • AI活用のスマート工場づくりへの人材面の課...
    4/6
     化学企業にとって工場におけるAIやビッグデータの活用によるIoT化は、技術伝承の面からも必須になっているが、具体化にはいくつかの要件をクリアする必要がある。特..
  • AIが雇用にもたらす影響二節
    4/5
     人工知能(AI)をはじめとした新技術の発達が雇用にどういう影響があるかについて、全く違う見方がされている▼片方の説では、単純労働はもちろん、ホワイトカラーの仕..
  • 「ペンタゴン・ペーパーズ」の衝撃
    4/4
     米国では新聞社の買収劇や印刷媒体をやめてデジタル媒体に特化するなどの動きがここ数年目立った。大激動、大変革の真っ只中とも表現できる状況だ。デジタル革命にどう対..
  • 内側を知れば好きになる
    4/3
     世の中はあらゆる物や現象で溢れている。もし、非常に好奇心が強い人がいて、その1つ1つに興味を持ち始めたら家の周りを歩くだけで日が暮れてしまうだろう。しかし、普..
  • 日本ブランド信頼回復の第一歩に
    4/2
     4月に入って新年度がスタートした。多くの企業がこのタイミングで人事異動や機構改革を実施する。上司や同僚の顔ぶれが変わったり、新たな仕事を拝命した人も多かろう。..
  • 花それぞれに魅力のように育て新入社員
    3/30
     多摩地方に住んでいる。日本橋までの通勤は楽ではないが、住むにはいい。いわゆる里と呼ばれるところで、空気おいしく、緑が多い。都心より少し気温が低く雪も多いが、寒..
  • 1 (current)
  • 2