精留塔

ウイスキー作りにもAIが活躍?

 ジャパニーズウイスキーが海外で高い評価を受けたのが刺激になったのか、数年前から小規模な蒸留所が相次ぎ立ち上がっている。日本酒や焼酎の蔵元が新規事業として手がけ..

続きをよむ

精留塔の最新記事

  • ウイスキー作りにもAIが活躍?
    7/12
     ジャパニーズウイスキーが海外で高い評価を受けたのが刺激になったのか、数年前から小規模な蒸留所が相次ぎ立ち上がっている。日本酒や焼酎の蔵元が新規事業として手がけ..
  • 選ばれた全国民の代表は基本に立ち返って
    7/11
     国会議事堂は、中央塔を境にして向かって左側が衆議院、右側が参議院で、左右対称の造りとなっている。校外学習で訪れた小学生がもらうパンフレットにも記載してある基本..
  • 「彼女は安楽死を選んだ」の衝撃
    7/10
     さまざまなショッキング映像をテレビから受け取ってきた。アメリカ同時多発テロで航空機がビルに激突する映像や東日本大震災で津波に町が飲み込まれていく映像などだ。こ..
  • 楽しい仕事を守りたい
    7/9
     楽しく仕事をした結果、心地よく疲労してぐっすり眠る。これが幸せな人生なのだという。振り返ってみると、概ねそんな人生を過ごしてきた。どうやらここまで、大変幸せな..
  • 来春にも有料化されるコンビニ、スーパーのレ...
    7/8
     一消費者・生活者の感覚では、それが世の中の流れという受け止めが大半だろうか。来年4月をメドにコンビニ、スーパーのレジ袋が有料化される。世耕弘成経済産業相が6月..
  • 3Dプリンターで再生医療
    7/5
     さまざまな分野で利用が進む3Dプリンター。既存の技術では難しかった複雑な形状が成形できたり、金型などを準備することなくデータがあれば出力が可能といった利点があ..
  • ポストデジタルの到来に思う
    7/4
     著名なジャーナリストのデイビッド・サックスは著書「アナログの逆襲」の中で、デジタルの先にあるアナログが姿を現し「ポストデジタル経済」の訪れを指摘。アクセンチュ..
  • 文明論の名著をひもとく
    7/3
     米中関係の一時緊張緩和に、先行き不透明感は拭えぬながらも、まずはほっとした人が多いことだろう。それにしてもこの数年、世界はトランプ大統領に翻弄され続けている▼..
  • 韓国への化学品輸出厳格化から目が離せない
    7/2
     とりあえず玉虫色の声明を出して問題を先送りにした。大阪で開催されたG20のザックリとした印象だ。そんな傍観者のような気分でいたら、突然、化学業界を揺るがしかね..
  • 全面施行された改正JIS法
    7/1
     きょう1日付けで改正JIS法が全面施行された。標準化の対象にデータ、サービスなどを追加して「日本工業規格」が「日本産業規格」になった。法律名も「工業標準化法」..
  • 多彩な顔を持つニューヨーク公共図書館
    6/28
     マンハッタンにある本館が有名な観光地でもあるニューヨーク公共図書館(NYPL)。開設は1895年で、鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの寄付によってその礎を築いた..
  • 落選に思うチケット販売の在り方
    6/27
     コンサートなどのイベント会場近くで呼びかけられると一瞬、ハッとするダフ屋も今は昔。現在ではネット上での高値の売買が横行しているという。そんな行為を取り締まろう..
  • 世界に誇る日本の霊長類研究
    6/26
     「棲み分け」という言葉が当たり前に使われているが、そもそもは日本の霊長類学の祖とされる今西錦司博士が、生物界の構成原理として提唱した概念だ。近縁の二つの生物種..
  • 現場でしか味わえないもの
    6/25
     来夏に迫った東京オリンピック。先週、チケットの抽選申込の結果が発表された。自国開催のオリンピックをこの目に焼き付けるチャンスを逃すなとばかり、多種多様の競技に..
  • 最適解を見いだしにくいエネルギーミックス
    6/24
     「ダメなものはダメ」をスローガンに、1989年の参院選で当時の社会党を大勝に導いたのは土井たか子委員長だった。消費税廃止を公約に大勢の女性候補を当選させ、マド..
  • 熱帯夜でも快適な睡眠を
    6/21
     都市圏を中心に高温多湿な夏がもうすぐやってくる。日中の暑さはあきらめもつくが、寝苦しい熱帯夜はつくづく勘弁してほしいと思う。気象庁のデータで2018年を振り返..
  • 重要性高まるGSCシンポジウム
    6/20
     JACI/GSCシンポジウム(新化学技術推進協会)が来週開かれる。GSCすなわち「グリーン・サステイナブル ケミストリー」とは、人と環境にやさしく持続可能な社..
  • 農耕民族とストレスの関係
    6/19
     約1万年続いた縄文時代を経て、日本に農耕が定着したのは今から約3000年前の弥生時代。典型的な農耕民族である日本人は、じっくりと計画的に作物を育てる忍耐強さが..
  • どうしても解けない疑問
    6/18
     この世に生まれ、もの心付いた頃から考えてはいるが、どうしても解けない疑問がある。結構、たくさんある。そして、それらの疑問は結局、生涯解くことができないであろう..
  • 今度こそ増えるか日傘男子
    6/17
    熱中症発症者が年々増加し、防止策があれこれ論じられている。そんななか、男性の日傘普及率が14%という報道を目にした。記事は、リスクを軽減するため環境省が男性にも..
  • 1 (current)
  • 2