精留塔

福井謙一博士の直筆原稿

 本紙の1994年12月26日付1面に「世紀末科学雑感」という随想が掲載された。当時、基礎化学研究所所長であり、日本人最初のノーベル化学賞受賞者である福井謙一博..

続きをよむ

精留塔の最新記事

  • 福井謙一博士の直筆原稿
    2/20NEW
     本紙の1994年12月26日付1面に「世紀末科学雑感」という随想が掲載された。当時、基礎化学研究所所長であり、日本人最初のノーベル化学賞受賞者である福井謙一博..
  • 北風と太陽と人事
    2/19
     イソップ寓話に「北風と太陽」という有名な話がある。日々寒暖を繰り返すこの時期にふと思い出す。気候だけが理由ではない。新年度を控えたこの時期が人事異動の季節でも..
  • スポーツ分野に変革をもたらす技術革新の波
    2/18
     技術革新は社会のあらゆる分野に変革をもたらすが、スポーツ分野もその一つだ。シューズやウエア、用具の改善、改良は競技成績を左右するほどで、メーカー間の開発競争も..
  • 海外支局開設時の思い出
    2/15
     定年を迎え、近く退社することとなった。本日と来週の金曜日の2回、本欄はやや感傷が入ったものとなることをお許し願いたい。本欄を借りて、私を化学記者として育ててく..
  • バレンタインデーに思う日本独自の発展
    2/14
     日本に伝わり独自に発展していったものは多い。明治政府が富国強兵を旗印に欧米から優れた技術を導入し、英国などの先進国より一世紀以上遅れて我が国で産業革命が始まっ..
  • 雪をめぐるよしなしごと
    2/13
     雪国の生まれである。子どもの頃は雪が1~1メートル半くらいは積もっていた。小学校の校庭には小山があり、体育の授業でスキーがあった。その山で直滑降やプルークボー..
  • 新しい時代に必要な精神
    2/12
     2月も中旬を迎えた。3月末決算の企業は2018年度の目標達成に向けた最後の追い込みと、来るべき新年度の準備作業で慌ただしい日々を送っているに違いない。化学業界..
  • 観光立国が抱える二面性
    2/8
     2003年に当時の小泉首相が打ち出した観光立国の目標は12年までに1000万人の旅行者を呼び込むことだった。それからまだ10年も経っていないが日本を訪れる外国..
  • 雪のシーズンに思う日本の魅力
    2/7
     関東で久しぶりの雨が一部地域で雪に変わった先週、箱根の坂道でノーマルタイヤを装着した自動車が立ち往生する画像をテレビは何度も流した。雪の予報が出ているにもかか..
  • 来月に迫った化学会年会と産学連携
    2/6
     日本化学会の春季年会は来月16日から、神戸市の甲南大学岡本キャンパスで開かれる。それに先立ち、化学会会長、年会実行委員長、甲南大学長によって行われた鼎談が弊紙..
  • 品質不正問題の不思議
    2/5
     日本の製造業で働く人々は、総じて生真面目であると推定できる。なぜなら、日本の化学業界の生真面目さを知っているから。ときとして行き過ぎとも感じるその真面目さには..
  • 政治家の言動とアイドルグループ
    2/4
     人気グループ「嵐」が活動休止を発表した。その方面にはいたって疎いが、黙っていても目と耳にあれこれ情報が飛び込んでくる。ファンクラブの会員数200万人超という国..
  • 平成年間の記事執筆・送稿の変遷
    2/1
     平成も残すところ3カ月。通勤で利用する私鉄が運営するカード会社が送ってきた「平成を漢字1文字で表すとすれば」というアンケートに「変」と答え、見事100ポイント..
  • アンケートと不適切調査問題
    1/31
     本紙の特集企画でアンケートを実施することになったため調べてみた。アンケートとは大勢に同じ質問をする調査方法のことであり、その質問のことも指すらしい。そして、こ..
  • 包装技術によって生まれた時代のスーパースタ...
    1/30
    スーパーの食品売り場をめぐる楽しさは、なにも食材を探し吟味する楽しさだけではない。どのように売っているか、とくにどのように包んでいるかに注目すると、そこはさなが..
  • 第一人者が持つセンス
    1/29
     世の中にはさまざまな職業があって、それぞれの分野に第一人者と呼ばれる人たちがいる。そう呼ばれる人は、努力の結果そうなったのか、もともとセンスがあったのか。はた..
  • 「毎月勤労統計」を巡る悪質で根深い問題
    1/28
     駆け出し記者のころ、月に一度、当時の大蔵省に足を運ぶ仕事があった。毎月20日過ぎに公表される通関統計(貿易統計)を閲覧し、主要な化学品の輸出入実績の数字をノー..
  • スクープすべきはなにか?
    1/25
     光文事件。ある全国紙が大正天皇崩御の折に、大正の次の元号を巡って起こした誤報事件だ。この汚名をそそごうと同紙は、昭和天皇の容態が悪化するなか、昭和の次の元号を..
  • 生活を便利にする5Gの役割
    1/24
     現在より100倍に通信速度が速まる第5世代の通信規格「5G」元年といわれる今年。これをビジネスチャンスにつなげるべく素材産業も取り組みが活発に繰り広げられてい..
  • ハイテク満載のランニングシューズ
    1/23
     長らく低迷していたわが国の男子マラソン勢だが、相次いで日本新を更新するなど復活の兆しがみえてきた。やはり1億円の報奨金制度が選手のモチベーションを高めているの..
  • 1 (current)
  • 2