• オンライン開催
  • アーカイブ配信

オンライン開催、アーカイブ配信それぞれ別料金となります。お申込みもそれぞれ必要となります。

セミナー概要

PFASに定義される有機フッ素化合物は一万種類以上あるとされており、あらゆる所で利用されています。一部のPFASは環境や健康に悪影響を及ぼすことが指摘されており、欧州を中心としてPFAS全体を規制しようという動きが高まっています。欧州のPFAS規制案が採択、施行された場合、我が国産業界に多大な影響を及ぼすことが予想されます。本講演では欧州PFAS制限案の概要と我が国の産業界に与える影響について解説致します。

講師

平山技術士事務所 平山 中氏

【経歴】
1980年 日東工業株式会社 開発室入社
1999年 技術開発センター長
2005年 取締役 技術開発センター長
2007年 シンジーテック株式会社 取締役 技術本部副本部長
2013年 平山技術士事務所設立

受講対象者

アイコン化学物質関連の法規担当者、化学物質管理の担当者

アイコンフッ素系材料を取り扱う技術者、研究者

アイコンフッ素系材料の使用を検討している企業の企画担当者、開発担当者

アイコンフッ素系材料を事業とする企業の経営者、管理者

アイコンPFAS問題に関心のある理系学生、企業の技術者

プログラム

講義(13:30~16:30)
1.PFASとは何か
1-1 PFASの用途と主要物質 1-2 PFASの定義 1-3 PFASが環境、健康に与える影響
2.欧州PFAS規制案の概要と日本国内の反応
2-1 欧州PFAS規制案とは 2-2 欧州PFAS規制案の背景 2-3 欧州PFAS規制の流れ 2-4 移行期間と猶予期間の概要 2-5 日本国難の反応 2-6 パブコメについて
3.PFAS規制案の具体的な内容
3-1 規制案の内容 第1項~第9項 3-2 規制案における用途別の代替品と評価
4.各業界への影響と代替手段の可能性
4-1 全体的な影響 4-2 化学・半導体製造 4-3 繊維産業 4-4 輸送機器 4-5 食品接触材料 4-6 その他
5.まとめ

Q&A

開催要項

オンライン開催

受講料 1名につき29,700円(税込み)
開催日時 2024年7月30日(火)13:30~16:30
本セミナーはライブ配信によるオンラインセミナーになります
申込締切 2024年7月25日(金)17:00
受講要件 既存の「インターネットブラウザ」の利用が可能であること、もしくはビデオ会議ツール「Zoom」アプリ(無料)のインストールが可能な方

セミナー受講に当たっての注意事項とよくあるご質問を必ずお読みいただき、ご了承の上お申込みください。

アーカイブ配信

受講料 1名につき29,700円(税込み)
視聴期間 2024年8月20日(火)10:00~8月27日(火)17:00
期間中は何度でも視聴可能です
申込締切 2024年8月15日(木)17:00

セミナー受講に当たっての注意事項とよくあるご質問を必ずお読みいただき、ご了承の上お申込みください。

【その他、お問い合わせ先】
化学工業日報社 営業部
〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
メールはこちら