コラム

【社説】組織改革通じて さらなる成長追求

 日本触媒と三洋化成が経営統合中止を発表して半年が経過した。両社とも成長を追求するために、さまざまな手を打っている。その一つが組織改革。新年度を迎えた4月1日か..

続きをよむ

コラムの最新記事

  • 新幹線車両の第2の人生
    4/23NEW
     ゴールデンウイークが目前に迫っているが、新幹線にでも乗って遠出しようという気分には到底なれない。去年の今頃は「今年は我慢して来年こそは…」とあれこれ計画してい..
  • 【社説】供給網綻ぶ医薬品産業 成長の道は
    4/22
     半導体不足に端を発した自動車の減産ドミノと同じ事態が、医薬品でも起きかねない状況にある。生命に直結するだけに、自動車よりも深刻に捉えるべき問題かもしれない。 ..
  • ようやくの初任給
    4/22
     25日が日曜日に当たるため、あすが初任給の新入社員は多いことだろう。リモートをふんだんに取り入れた入社式、研修を経て、初めて企業人としての対価が得られる。すぐ..
  • 【社説】産学連携を通じた地域活性化に期待
    4/21
     大学が持っている優れた技術や知識、研究成果を利用し、より効果的に新製品・新技術を開発する産学連携。研究開発型企業にとっては自社の競争力強化のための有効な方法の..
  • 福島原発処理水の海洋放出決定に思う
    4/21
     全国紙の電子版を購読すると居住地以外の地方版を読めるのが便利だ。それぞれの地方版を読み比べると、新型コロナ感染状況の差がそのまま紙面の作り方の差になって表れて..
  • 消えゆくレジ袋
    4/20
     Lが3円でLLが5円。近所のスーパーのレジ袋の値段だ。迷わずLLを選ぶ。買い物を詰め込む空のリュックを背負って行くので、レジのおばちゃんは怪訝な顔。買い物の量..
  • 【社説】大変革の先頭を走るための基盤作り
    4/20
     世界経済の回復が加速するとの見通しが強まっている。欧米を中心に新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいることや、バイデン政権による1兆9000億ドル(200..
  • 探求心と努力の成果
    4/19
     221年前のきょう、ある男が江戸から北海道へ旅立った。現代では衛星やGPSが発達し、知らない土地へ行く場合でも迷うことなく辿り着け、到着予想時間まで知ることが..
  • 【社説】低迷続いた設備投資ようやく再開
    4/19
     新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を背景に低迷していた設備投資が、ようやく動き始めた。2020年は歴史的な低水準にとどまったが、約1年が経過した。地域や業種..
  • 卵の相場は上がったが…
    4/16
     物価の優等生と言われる食材の代表格が卵。野菜、魚介類とは異なり、生産量は季節や天候の影響を受けにくい。ただ、卸売価格は当然変動している。荷受会社が需要と供給の..
  • 【社説】水素の社会実装を加速させる中部圏
    4/16
     政府の2050年カーボンニュートラル目標が打ち出されて以降、上場・非上場問わず製造業・各種企業がカーボンニュートラルの長期戦略、脱炭素化のロードマップなどを相..
  • 【社説】注目集める環境に優しい化粧品原料
    4/15
     環境問題への関心の高まりやヴィーガン(完全菜食主義者)実践者の増加、あるいは宗教上の理由などを背景として、環境に優しい化粧品原料が注目されている。海外を中心に..
  • 健康維持・増進の心掛け
    4/15
     歳をとるにつれて健康維持・増進と銘打ったテレビ番組をよく観るようになった。なかでも肩こり解消の企画は心が躍る。ただ、番組によって少しずつ解消法も異なるが、肩甲..
  • 【社説】次期エネ基本計画 活発な論議期待
    4/14
     第6次エネルギー基本計画の策定に向けた議論が動き出している。経団連は2月24日に「エネルギー基本計画に対する経団連の考え方」を示した。わが国のエネルギー政策に..
  • 地球儀を回しながら
    4/14
     小ぶりな地球儀を自宅の机に置いている。原稿書きに行き詰まったりすると、くるくる回して、これまでの海外旅行先を探す。旅したのは6カ国。けっして多いほうではないだ..
  • 【社説】「新しいリアル」の波に乗り遅れるな
    4/13
     新型コロナウイルスの感染拡大対策として、生活のあらゆるシーンでデジタル化が急速に浸透している。代表例がテレワークだろう。外出自粛を余儀なくされる環境にあって各..
  • 松山プロ、マスターズ制覇
    4/13
     時計を気にしながらもテレビの前にかじりつき、ガッツポーズを作ったり、頭を掻きむしったり。日本中で何人が同じ仕草をしたのだろうか。淹れようとしたコーヒーの豆をこ..
  • ライバルの存在
    4/12
     若者がスポーツ界で躍動している。白血病を乗り越えた競泳の池江璃花子選手が東京五輪代表の切符をつかんだ。昨年夏に練習を再開した際、東京五輪はあきらめ、2024年..
  • 【社説】ファイン企業の医薬事業 転換期に
    4/12
     医薬事業は景気に左右されにくく、今後も堅調な成長が期待されるものの、新薬創出の難易度向上と医療費削減圧力という大きな環境変化にさらされている。医薬専業や総合化..