コラム

【社説】不透明さ増す事業環境に柔軟対応を

 首都圏の緊急事態宣言が解除されたが、コロナ禍によって企業の体力は削がれた。発表を終えた3月期決算企業の多くは今期の業績予想を未定とし、12月期の企業も1~3月..

続きをよむ

コラムの最新記事

  • 大学発ベンチャー、成功の鍵はチーム作り
    5/29NEW
     日本に大学発ベンチャーはどのくらいあるのだろうか。経済産業省の最新調査では2019年9月時点で2566社。前年比288社増で過去最高の伸びとなった。6000社..
  • 【社説】資源循環の新たなビジネスモデルを
    5/28
     経済産業省の循環経済ビジョン研究会が報告書「循環経済ビジョン2020」をとりまとめた。1999年策定以来、20年ぶりの改訂となるもの。国内で進めてきた廃棄物の..
  • 普及した2つの「テレ」の利点と課題
    5/28
     ソーシャルディスタンスを意識した生活行動は、これまでに基本的な姿勢が身についてきた。緊急事態宣言が解除されても、新型コロナウイルスの第2波を防ぐためには、この..
  • 【社説】化学品トレードフロー変化に備えを
    5/27
     新型コロナウイルスの感染終息後、化学品を含む製造業のサプライチェーンに変化が生じるとみられている。中国リスク軽減などが理由だが、医薬・医療品など一部を除き、都..
  • 訪ねゆきたい美しい自然の地に
    5/27
     「ご当地ソング」という呼び方は、やや商業的色彩を帯びているようにも感じられるが、地方の自然や景物を純粋に叙情的に歌った名曲は数々ある。調べてみると、ご当地ソン..
  • 【社説】中国は国際社会との軋轢を回避せよ
    5/26
     新型コロナウイルスの影響によって延期されていた中国の全国人民代表大会(全人代)が開催されている。冷え込んだ経済立て直しのための対応策に注目が集まるが、自国の主..
  • 経験したこと、これから経験すること
    5/26
     人は1カ月以上も同じ行動パターンを繰り返せば、それに慣れてしまう。必要だと思い続けてきたが、突然、必要でなくなったこと。あるいは難しいだろうと敬遠してきたが、..
  • 【社説】循環型経済で先頭走るフィンランド
    5/25
     サーキュラーエコノミー(循環型経済)で世界の先頭を走るフィンランド。サーキュラーエコノミーのなかでもバイオエコノミー分野でスタートアップが次々生まれ、イノベー..
  • まるで人生を賭けた大博打
    5/25
     高齢者福祉施設に働く知人に聞いた話を思い出した。施設の利用者共用スペースには娯楽室があり、囲碁将棋、オセロ、トランプなどのほか、ビリヤード台やマージャン卓も置..
  • 【社説】コロナ薬開発 科学的視点忘れるな
    5/22
     2014年6月に施行された健康・医療戦略推進法には「医療分野の研究開発の成果の実用化に際し、その品質、有効性および安全性を科学的知見に基づき適正かつ迅速に予測..
  • 再開した独サッカー、無観客だったが…
    5/22
     ガイスターシュピール。ドイツ語で幽霊試合-すなわち無観客試合をこのように表現する。サッカーのドイツリーグが2カ月ぶりに再開された。強豪チーム・ドルトムントのホ..
  • 【社説】物流崩壊回避へ事業基盤の強化急げ
    5/21
     新型コロナウイルスが蔓延するなかで物流の重要性が改めてクローズアップされている。政府が4月7日に発出した緊急事態宣言下においても事業の継続が求められる業種の一..
  • 9月入学と会計年度
    5/21
     開示日程が相次ぎ延期され、説明会はウェブ方式が主流となった今年の3月期決算発表もピークを過ぎた。しょうがないと思いつつ、いつもと勝手が違う場面に、報じる側も試..
  • 【社説】“使い捨て”の有用性 正当に評価を
    5/20
     新型コロナウイルスが猛威を振るうなかで、プラスチックが各所で活躍している。目に見えないウイルスから人々を守るため、ウイルスとの接触をシャットダウンする術として..
  • 炭素の物語と交響曲
    5/20
     「炭素」を主人公とする読み物を何冊か読んできた。『炭素文明論』(佐藤健太郎)、『炭素はすごい』(齋藤勝裕)などが記憶に残る。炭素はさまざな物質と結合して無数と..
  • 【社説】コロナ後見据え仕事を進化させよう
    5/19
     新型コロナウイルスは、さまざまな制限を課し、多くの不便を強いており、われわれの働き方や生活にも大きな影響が出ている。今後事態がある程度収束したとしても、1月以..
  • 命と経済
    5/19
     生き物にとって最も切実な問題は、日々の糧をいかに獲得するのかということである。それは生き物の本来の目的ではないにしても、生死を分かつ問題である。人は、経済活動..
  • 【社説】水素内燃機関に生かす部材の知恵
    5/18
     百年に一度の変革期を迎えたと言われる自動車産業。二酸化炭素(CO2)排出の削減に向けて、電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)などの環境対応車への取り組..
  • テレワークのメリットと歩行数の減少
    5/18
     スマホのアプリで毎日の歩数を確認するのが習慣になった。テレワークのメリットの一つは通勤時間がなくなること。その半面、平日は在宅で仕事、休日はステイホームという..